直売所「旬彩蔵」「野菜市」

JA兵庫西の自己改革

当組合の自己改革の取り組み状況

■自己改革の考え方
 JA兵庫西では、地域農業の維持・振興とくらしやすい地域社会の実現に向けて、総合事業を展開するとともに、組合員・地域のみなさまから必要とされ、支持されるJAであり続けるため、全国のJAとともに自己改革に取り組んでいます。

【農業者の所得増大】【農業生産の拡大】に向けた取り組み


重点施策
具体方策
取り組み状況
生産者の
育成支援
◆旬彩蔵出荷農家の育成支援
  平成30年度新規会員数 109人
      ↓
  令和元年度新規会員数 122人
令和元年度の新規会員は122人で、16人の純増となりました。
◆生産者組織の育成支援
  平成30年度部会員数 482人
      ↓
  令和元年度部会員数 606人
生産者組織会員の増加運動を各部会で実施。また、新規生産者組織を育成しました。
◆集落営農組織や認定農業者の
  農業生産の拡大
  新農業生産振興育成支援事業
  平成30年度助成額 1,542万円
      ↓
  令和元年度助成額 2,431万円
新農業生産振興育成支援事業の活用支援による大型農機・旬彩蔵会員のパイプハウス・鳥獣害柵の導入助成に取り組んでいます。
◆新規就農者や若手生産者の育成支援
  平成30年度
  JA兵庫西青壮年部会員数 27人
      ↓
  令和元年度
   JA兵庫西青壮年部会員数 28人
平成30年度からの三ヵ年計画では、毎年3人の会員増加を目標としています。青空会には、タマネギ等機械化による生産や「にっしぃライス輝」の作付提案を実施しています。
マーケットインに基づく生産・販売事業方式への転換
◆JA独自ブランド米の生産拡大
  平成30年度生産実績 96t
      ↓
  令和元年度生産実績 99.9t
令和2年度は作付面積26.4haを目標に、環境に配慮した生産とひょうご推奨ブランド等の取得に取り組みます。
◆契約栽培米の取引拡大
  平成30年度出荷実績 1,511t
      ↓
  令和元年度出荷実績 1,730t
どんとこい610t・やまだわら76t(うるち米)、兵庫夢錦324t・白鶴錦317t(酒米)の出荷実績となりました。
◆小豆の生産拡大
  平成30年度出荷実績 101t
      ↓
  令和元年度出荷実績 127t
販売高 211,582千円(前年度実績対比 111.3%)となりました。
◆タマネギ・ジャガイモの周年出荷体制の整備
【タマネギ】
  平成30年度作付実績 10.3ha
      ↓
  令和元年度作付実績 15.5ha
【ジャガイモ】
  平成30年度作付実績 3.5ha
      ↓
  令和元年度作付実績 2.6ha
タマネギ、ジャガイモの管内生産量拡大による旬彩蔵・野菜市での周年販売を目的に、大型機械化体系による省力化の研究・実践、出荷体制の整備など、買取販売の強化に取り組んでいます。


JA独自ブランド米の生産拡大


タマネギの収穫

【地域の活性化】に向けた取り組み


重点施策
具体方策
取り組み状況
ふれあい
活動
◆ふれあい訪問・ふれあい農園
・ふれあい訪問実績 82,442戸
・ふれあい農園設置  62カ所
◆貸し農園
・高浜  12区画(24㎡/1区画)
・姫路灘 19区画(24.75㎡/1区画)
・英賀保  16区画(25㎡/1区画)
地域との絆を育むことを目的に、各店舗でふれあい訪問・ふれあい農園に取り組んでいます。また、貸し農園「旬彩ファーム高浜」、「旬彩ファーム姫路灘」、「旬彩ファーム英賀保」を開園し、農に対する理解を深める活動に取り組んでいます。
◆地域生活文化活動(令和元年度実績)
・ふれあい旅行 1,105人参加、支援額538万円
・姫路城マラソン等協賛  373万円
・学童軟式野球大会 管内16チーム288人参加
・食農教育実施回数 144回

地域とのつながりを深めるため、地域イベントへの参加や、次代を担う地域のこどもを対象に食農教育活動を実施し、農産物のありがたさ、大事さを伝える活動に取り組んでいます。


ふれあい農園

 


JA兵庫西組合長杯学童軟式野球大会

 


主なJA兵庫西各種支援事業・地域貢献活動一覧

■営農振興・販売支援関連
JAによる組合員支援
支援事業名
内容
令和元年度
実績
令和2年度
計画
農業機械導入にかかる事業費の助成
農業機械にかかる事業費の10%以内を助成等
1,857万円
3,000万円
パイプハウス導入にかかる事業費の助成
簡易パイプハウス導入にかかる事業費の20%以内を助成等
481万円
鳥獣害柵導入にかかる事業費の助成
鳥獣害対策にかかる行政事業の補助事業費の10%以内を助成等
93万円
集落営農・生産部会等活動助成
集落営農・各部会に活動助成金を交付し、講習会や視察を実施
1,177万円
1,213万円
野菜苗斡旋
旬彩蔵へ直結する野菜苗を安価斡旋
577万円
1,200万円
水稲育苗購入支援
水稲苗購入にかかる大口農家・担い手への経営支援 (※)
1,357万円
4,135万円
ライスセンター利用支援
ライスセンター利用にかかる大口農家・担い手への経営支援
2,919万円
3,070万円
タマネギ・ジャガイモの買取販売
移植機、収穫用機械、出荷調製機械の導入
2,365万円
924万円
生産資材購入支援
(供給値引)
肥料・農薬の早期取引にかかる供給値引
3,558万円
3,000万円
  ※水稲農家支援の一環として、令和2年度より水稲苗の購入者に1枚当たり50円を支援。

連合会による支援
◇JA向け支援
連合会・事業名
JAでの取り組み内容

令和元年度
実績

令和2年度
計画
兵庫県信用農業協同組合
連合会
 旬彩蔵・野菜市の産直POS更新助成
 ※令和元年度で取り扱い終了
3,300万円
全国共済農業協同組合
連合会
 旬彩蔵書写の施設改築および拡張
5,476万円
■生活文化・地域貢献関連
支援事業名
内容
令和元年度
実績
令和2年度
計画
ふれあい農産物フェア
農産物品評会による地域農業の振興と生活文化活動の発表の場
2,689万円
2,660万円

地域生活文化活動

地域密着を図るため、農業体験学習・地域貢献活動・地域イベント参加
1,831万円
2,126万円
地域活動活性化対策
各集落における地域活動および組合事業活動に対する助成
9,520万円
9,530万円
その他地域貢献活動
ふれあい農園、ふれあい旅行、3B健診、スポーツイベント協賛、学童野球大会、地域農業神事参加など
2,195万円
2,892万円

★自己改革の取り組みに関する詳しい内容については、下記もご参照ください。
・動画「JA兵庫西の自己改革について」Youtube
・冊子「農から始める地方創生~地域農業振興・地域活性化に向けたJA兵庫西の取り組み~」(PDF形式)
・JA自己改革に関する組合員アンケート調査(調査期間:2019年1月~3月)の結果(PDF形式)

組合員みなさまとともに話し合いながら自己改革を実践してまいりたいと思いますので、今後とも、ご理解とご協力をお願いします

商号等 兵庫西農業協同組合 登録金融機関 近畿財務局長(登金)第256号

copyright © Hyogo Nishi Agricultural Cooperative