営農情報

JA兵庫西の特産品

新鮮で安心、安全、なにより美味しいJA兵庫西のお米や特産品
 

JA兵庫西のお米

JA兵庫西では、キヌヒカリ・きぬむすめ・ヒノヒカリ・コシヒカリなどを管内各地で生産しています。

2018年にデビューしたJA兵庫西ブランド米「にっしぃライス輝(かがやき)」は、管内畜産農家の牛ふんを堆肥として使用し、「環境創造型水稲栽培」で地元生産者が丹精込めて育てたお米です。人と環境に優しいお米として、皆さまの食卓にお届けします。

 

※品種はコシヒカリ・きぬむすめ・ヒノヒカリ・ぴかまるの4種類で、時期によっては店頭にない場合もあります。

 

生産地域:JA兵庫西管内

販売店舗:JA兵庫西直売所「旬彩蔵」「野菜市」

お問い合わせ:各営農生活センター

 寒暖差がはげしい佐用の山間地で育ったコシヒカリです。兵庫県認証食品として食の安全・安心が認められています。

 

生産地域:佐用町

お問い合わせ:佐用営農生活センター

特産品の紹介

タマネギ
タマネギ

和洋中、さまざまな家庭料理で欠かせない食材。JA兵庫西では直売所への安定供給を図るため、2017年からタマネギの契約栽培に取り組んでいます。契約栽培で使用する品種は、苦みが少なく貯蔵性の高い「もみじ3号」。6月中旬から収穫が始まり、「旬彩蔵」「野菜市」の店頭に並びます。

ジャガイモ
ジャガイモ

生産力が高く栽培も簡単で、主食にもなる野菜として世界各地で作られているジャガイモ。「旬彩蔵」や「野菜市」でも1年を通じて人気が高く、2017年から契約栽培を開始して生産量拡大と地産地消に努めています。 また、各支店の職員が自ら野菜を栽培・管理する「ふれあい農園」でも、地元の子どもたちと一緒にジャガイモの植え付けや収穫を体験し、食農教育につなげています。

イチジク
イチジク
JA兵庫西で栽培しているイチジクは「桝井ドーフィン」という、大玉で豊産性の高い種類です。8~10月に収穫する秋果のものが中心で、姫路・神飾・揖龍・西播磨地区など管内各地で栽培をしています。出荷の時期になると、新鮮で高品質なイチジクが直売所に並びます。
ジャンボピーマン
ジャンボピーマン
1個の大きさが15センチ前後で、重さは大きいものだと150~200グラムほどにまで育つジャンボピーマン。一般的なピーマンに比べて甘みが強く、サラダなどの生食にも向いているのが特徴です。管内では佐用地区を中心に産地が広がり、特産化に向けてエリア拡大を目指しています。

商号等 兵庫西農業協同組合 登録金融機関 近畿財務局長(登金)第256号

copyright © Hyogo Nishi Agricultural Cooperative